PRO × PROラランハウス誕生ストーリー
LaLan HOUSE に込めた想い
「モノ」より「ヒト」に寄り添う住まい。
私たちの出発点は、「どなたにでも気軽に手が届く、リーズナブルな注文住宅ブランドをつくりたい」という思い。しかし「お客様がコスト以上に求めているものはなにか」「なぜ家を建てるのか」「建ててからどんな生活をするのか」等、突き詰めて考えたときに、私たちがお届けしたかったのは「モノ」よりも「ヒト」にこだわった暮らし方の提案である、と思い立ちました。
徹底的に合理化した豊富な間取りパターンに、女性ならではの視点で、ライフスタイルの提案をプラス。低コストだけではない、一層魅力的な、新しい「ブランド」が誕生しました。
低コスト=味気ない、という先入観を超えた「暮らしを高める家」
  • 『LaLan HOUSE』が目指した「徹底的に低コストの企画型注文住宅」というテーマを見て、良い言い方をすれば「シンプル」、言い換えれば「無味乾燥」なものを想像される方も多いかもしれません。
    でも、実際はまったく逆で、徹底的なコストカットを追求して、そこから生まれる経済的な余裕、余暇を徹底的に楽しむワンランク上の暮らし、という観点で、生活スタイルにとことんこだわった提案をしたい、と、私たちは考えました。これは、大げさな言い方かもしれませんが、これからの住宅産業のお手本になるプロジェクトではないかとさえ自負しています。
    昔から、「人生にはお金がかかる3つのタイミングがある」といいます。それは「住まい」と「子育て」と「老後」。子育てと老後に関しては、かけるべきお金を削るとなると、色々と犠牲にしなくてはいけないことが多いものです。住まいは、どんなお金の使い方をするかによって、「子育て」や「老後」はもちろん、なにげない普段の生活の質も豊かに変えることができると、私たちは思います。
ただのインテリアセレクトではない「空間プロデュース提案」
  • 『LaLan HOUSE』の企画の一つである「空間プロデュース」に関しては、「落ち着いた雰囲気」とか「明るい雰囲気」といった漠然としたものではなく、「GIRLY(ガーリー)」や「ROCK(ロック)」といった、具体的で遊び心のあるテーマをご用意いたしました。
    注文建築をお考えのお客様は、インテリア雑誌などをたくさん読み、それぞれの理想の住まい像を強くイメージされている方も多いはず。しかし、実際に壁や床、建具などの色などを好みに合わせて選ぶと、全体を組み合わせたときにバランスがちぐはぐだったり、イメージとかけ離れてしまうことが少なくありません。
    私たちは生活空間を提案するにあたって、それぞれのテーマを好むお客様に似合う家具はもちろん、ふだんの服装や趣味まで想定して、暮らしのシーンが映えるような空間全体のバランスを考えてプロデュースしています。今回設定した4パターンのライフスタイル「ピュアモダン」「ガーリー」「ロック」「ヴィンテージ」は、どのテーマも、それぞれ個性的でありながら主張しすぎない、絶妙な上品さを魅力としています。流行に敏感なお客様に納得いただけるように、それぞれ最新のアイテムを取り入れながら、長い時を経ても気持ちよく暮らしていただけるよう、いつまでも飽きのこないデザインを心がけました。
DIYを楽しみながら叶える「世界でただひとつだけのわが家」
  • 『LaLan HOUSE』の大きな特徴である「DIYの提案」。これは、“一生に一度の「我が家」を築くのだから、お客様ご自身の手を加えることで、より一層理想に近づけていただきたい”、という思いから生まれました。これまでも、施主様ご自身が棚を付けたり、敷石をお子さまと一緒に貼ったりといったことをお手伝いするケースはありました。その時の楽しそうで誇らしそうな顔を、もっと多くの皆様に味わっていただこうと、『LaLan HOUSE』の柱の一つとして積極的にご提案することにしました。
    『LaLan HOUSE』の企画型プランは全部で4,800パターンものバリエーションを可能にしますが、DIYで手を加えれば、それこそ可能性は無限に広がり、「世界でただひとつだけの我が家」になります。より満足の行く理想的な住まいをお届けしたい、という思いはもちろんのこと、何より、DIYは純粋に楽しいものです。『LaLan HOUSE』のテーマの一つである、余暇を有意義に、豊かに過ごすための趣味としても、DIYは魅力的。ぜひ、私たちと一緒に、家族好みの空間をつくる楽しみを叶えてください。
私たちがこだわったのは女性の目線でした。
「こういうおうちに住みたいな」と雑誌を眺める時間がとても楽しくて。住宅性能がいいのは当たり前。そのうえで、女性の目線から、”心地のいいお家って何だろう”、”くつろげる家って何だろう”を設計士、インテリアコーディネーターのプロ目線から、そして女性の視点から、幾度ものディスカッションを重ね、作り上げました。ときどき脱線する会話も女性ならでは。「女性の”心地いい”は男性も”心地いいい”ハズ」なんて話も。女性だって、秘密基地を作りたいですもの。
※写真はイメージです。
Copyright © ACROSS-HOME Co., Ltd. All Rights Reserved.